代表者挨拶

代表取締役社長 川原 修幸

私たち川原建設は、「お客様にとって必要な存在になる」を経営理念に掲げ、全社員がこの旗のもと日々の業務に邁進しています。

会社は社会における役割の一つであり、社会に対して何らかの役割を担っているからこそ、その存続が可能となる。会社は社会の役に立つために存在する、というのが弊社の会社経営の根幹にあります。

また会社の繁栄発展は、社会がその会社を必要としているなによりの証拠です。人の役に立ち、人に喜んでいただく、それこそが人として最高の喜びであり、ひいてはそのことが世の中に必要な存在につながる、と思っています。

 

私たち川原建設の仕事は、創ったモノが100年近くの年月を経ても使っていただけるモノを遺すことです。そこには確かな技術の裏付けが必要ですし、新しい技術をどんどん取り入れ、お客様を感動させることが必要であると思っています。

そしてお客様の心を打つ仕事をするには、仕事をする人の心に感謝の心がなければなりません。仕事に心を打ち込み、気持ちを入れることによって、はじめてお客様を感動させることができる、と思っています。

弊社では高度な技術と高い志を持った社員を育成したい、という思いから会社の将来を担う人財の育成には特に力を入れています。技術と人格の両方を向上させることを目的とし、バランスの取れた人間形成を目指すことを教育の基本理念と考えています。

 

私たち川原建設は、「仕事を通して社会の役に立つ」こと、「技術と人格に優れた人財を育成する」ことを継続して進めることにより、お客様や地域の皆様に対して、将来にわたり「愛される会社」として、情熱あふれる経営を推進することを天から課せられた使命だと考え、この道をひたすら歩いて行きます。

経営理念

お客様にとって必要な存在になる

私達は、明るく住みやすい社会をつくるため、私達しか持たない技術を活かし、より質の高い生活環境を創造していきます。
私達は、お客様が何を求めているかを探り、解決方法を提案し、お客様が満足する商品を提供するため、常に進化し続けます。

3つのよろこび

  1. つくる《 よろこび 》
  2. 使っていただく《 よろこび 》
  3. 後世にのこる《 よろこび 》
  • 私達は、この3つの《 よろこび 》を得るために、お客様に《 満足 》を与えます。
  • 私達は、この3つの《 よろこび 》を得るために、チャレンジ精神を発揮し、常に新しい課題に取り組みます。
  • 私達は、笑顔で仕事をすることで、お客様に笑顔を与えます。
  • 私達は、明るく楽しい社会生活を営むために、経営の安定を図ります。